カテゴリー
未分類

アメドラ史上最高?ブレイキング・バッドの魅力とは

圧倒的人気を誇りつつも引き延ばしをせずに綺麗に終わった作品といえばそう、ブレイキング・バッドですよね。

末期がんに冒された高校教師と卒業生の不良が覚せい剤(メタンフェタミン)を作成して売って悪の道に進んでいくストーリーは先を予想させない展開で多くの視聴者を引き付けました。

俳優陣の演技も素晴らしく主演のブライアン・クランストンはもちろん、しょっちゅう衝突する彼の妻であるスカイラーを演じるアンナ・ガンにはドラマが原因で脅迫されるなど話題に事欠きません。

メインは高校教師のウォルターと卒業生の不良であるジェシー二人が中心になってストーリーは進みます。

ただの高校教師が悪の帝王になるまで

主人公のウォルターはどこにでもいるような高校の化学教師です。

そんな彼がある日末期がんであると診断されます。

彼には脳性マヒで足に障害のある高校生の息子となんと妻のお腹には新しい命が宿っていることを知ります。

みなさんご存知の通り、アメリカの医療費はとても高額です。

彼の保険ではとてもカバーしきれませんし、家族にお金を残すこともできません。

そこで、彼はある偶然から勤めている高校の卒業生の不良、ジェシーと出会います。

彼はプッシャーいわゆる麻薬の売人で生計を立てています。

ウォルターの持っている化学の知識を元に高品質のメタンフェタミンを作成して一財産を築こうと計画を立てます。

最初の動機は自分の医療費と家族のためだったんですが、大金を手にしたことでウォルター自身にも徐々に変化が出てきます。

そして、麻薬ビジネスが大きくなるほど、比例して危険も増してきます。

作中で描かれるメキシカンマフィアがとにかく怖いです。

キレるポイントが分からないのがこんなに怖いんだと肌身に感じます。

はたしてウォルターは一体どうなってしまうのか、ジェシーとの関係は?無事に足を洗うことができるのか。

興味を持たれた方はぜひ一度ごらんください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です